プロフィール

Pocket

はじめまして キューピー と言います。

今は、過去の経験を活かして、業務委託(簡単に言えばアルバイト)として、
品質保証のコンサルタントをしながら、ネットビジネスを複業としています。
正社員ではありませんが、最強の品証コンサルアルバイターを目指しています。

私の過去の話をしても、面白くはないですが、
折角このブログに来ていただいたのでお話したいと思います。

4人兄弟の長男ですが、私が生まれてすぐ実の母が亡くなり、
父と再婚した現在のお袋が若かったこともあり、すぐ下の妹が生まれた時に、
父、お袋、妹が先に鎌倉に引っ越ししました。
私は横浜で、中学の前まで祖父母に育てられました。

小学6年の時に、私は、父、お袋、妹、弟、妹の住む鎌倉に移りました。
祖父母と別れるのが一番辛かったはずなのですが、一方で頭の中には両親に憧れ、
兄弟とも一緒に暮らしてみたいという思いで、鎌倉に行きました。
毎日、布団に入るや、泣いていました。

祖母から、あんたは賢いから、よい子だからと、すごく可愛がられて育ち、
私は優等生に育ってしまいました。おばあちゃんは本当は引き留めたかった、或いは、
私が行きたくないと泣きじゃくることを期待したのか、何も言いませんでした。

結局、優等生の私は(本当は馬鹿な私)両親が望む鎌倉に
わがままも言わずに、行ったのです。
今にして思えば、間違いでした。
祖父母とずっと暮らすべきでした。

兄弟とはうまくやれましたが、父とお袋には懐きませんでした。
父は、私を立派な人間に育てようと必死だったのでしょう。
大好きな野球もやらせてもらえず、勉強漬でした。
毎日勉強するように言われ、其れしかない勉強漬けは詰まらない世界でした。

父が怖いし、お袋は私の思うお母さんではありませんでした。継母だからと
意地悪をされたり、私以外の兄弟をより可愛がったわけではありません。では、何?
単純なことです。父に叱られたり、野球を反対されたりしたときに、庇ってくれる
本に出てくる母親像を期待していました。そう、おばあちゃんのような母親像を。

再婚したお袋も、父のやり方に反対はできなかったのでしょう。今なら、わかりますが
当時の私は、やりたいこともできず、言えず、お袋に庇ってもらえず、勉強三昧でした。
お蔭で、学校の成績は中学では30番以内にいましたから、今でいうトップ校には
軽々と合格しました。

だけど、勉強しかしてないし、つまらない人間だったかもしれません。
出かけても本屋にしか行けないし、其処が唯一の息抜き場所でした。
お蔭で本好きにもなりました。たまに、黙って祖父母に会いに行きましたが。
当然、そこは天国でした。黙ってしか行けない情けない私でした。

高校に入っても、勉強漬けでした。ただ、その高校は自由な校風で、3年間クラスは
変わらない。修学旅行も2年、3年と行けたし、体育祭も早慶張りのデコレーションを
自分たちで作ることでも有名で、中学の同級生も良く見に来てました。
部活には入らなかったものの、高校生活は本当に楽しいものでした。

入学当初は20番以内にいたものの、卒業時は100番前後ですが、県内有数の
トップ校でしたから、運よく公立大学の工学部に入学できました。親孝行でしたね。
当時、学費は幼稚園の月謝よりも安かった?其れなのに滞納する同級生も大勢いました。
高校時代は楽しい学生生活でしたが、大学は思った世界ではなく、遊び呆けていました。

会社に入る時は不景気で、行きたい会社には入れませんでした。
それでも、まじめに働いたお蔭で、先輩、同僚、後輩と良き仲間に恵まれ、
ビジネスマンとしてはそこそこだったのではないかと思います。

思い返せば、いろいろありました。

人事面接で、先輩を庇ったばかりに出世が遅れました。天下りの通産省出身の上司には、
信じられない位の罵声を浴びせられたり、先輩、同僚をかばう発言を上司にしたが為に
これまた出世を遅らせられました。自分の事は我慢できるのですが、仲間が非難される
のには耐えられず、上司といえども、戦ってしまうのです。

管理職となり、部下を持った時も、部下の環境を良くするために、上司には
直接部下に指示はしないで、必ず私を通してほしいと、上司にとっては嫌な奴でした。
上司に好かれるほうが出世は早いのに、ここでも失敗をしています。
お蔭で、部下とは今でも、年間数回飲みに行きます。唯一の自慢です。

上手にやれば、同期の中でもトップで管理職には成れたでしょうし、一番早く役員にも
成れていたでしょう。そのお蔭で、良き仲間には恵まれましたし、今も慕ってくれる同僚、
後輩も多くいます。会社内では、駄目でも、よその会社の人には信頼され会社には貢献
できたと思います。やはり人生は ”必然必要” なのです。決して、後悔していません。

そんな私が、ネットビジネスに興味を抱き、挑戦してきました。
ビジネスなのだからと思いつつも、ネットというマジック、つまり
いとも簡単に稼げてしまいそうな世界に、見事にハマってしまいました。

何年もビジネスマンをしていたのに、そんな簡単なビジネスはない事も嫌というほど
経験してきたのに、ネットマジックには勝てませんでした。
独学で1年余り、ネットビジネスをしましたが、1円も稼げませんでした。
その間、情報商材を買っては満足?なのか、真剣に取り組めませんでした。

そんな時に、素晴らしい師匠と話す機会があり、コンサルをお願いして
漸く ネットビジネスの世界で稼げるようになりました。

先ほども言いましたが、
人生は ”必然必要” です。

私がネットビジネスをしたせいで、嬉しいことに
あなたとも会うことができました。

あなたの夢はなんでしょう?

夢は必ず叶います。
あなたが強く望めば望むほど、早く叶います。

長々とお話してしまいましたが、私は、ビジネスマンでした。
他の人から見れば、紆余曲折の大変な人生に見えたかもしれません。
ですが、其れもまた私の人生に必要だったのです。
人生は ”必然必要” です。

そのおかげで、このブログを通じてあなたに会えました。

今、人生に躓きそうであったり、日々悩まれていたり、
夢なんてくそ喰らえ、など思っている方がいることでしょう。
人に話せることもできず、悶々とした日々を送られてるかもしれませんね。

そんな時、このブログを通じて私に声をかけてみてください。
必ず、明るい未来が開けます。

私は、数名の方の人生を前に進めた経験があります。
一歩踏み出せれば、未来は明るいものになります。
この、一歩を踏み出すことが実は大変な時があるものです。

もともと、彼らは良き人生を歩んでいました。
しかし、ふとしたことで自信を無くし、前に進むことを止めていました。
そんな時、彼らに会いました。
たまたま、意気投合し話をすることになりました。

実は、その時いつも明るく前向きな私が珍しく落ち込んでいました。。
仕事の大きな壁に打ちひしがれ、今にも鬱になりそうでした。
悩んだ者同士、惹かれるものがあったのかも知れません。

私のほうが先に生まれ経験も豊富であったので、
其れで悩んでいたのか~そんな事で~勿体ないな~と思えました。
若いということは、こういうことなんだ。

それはこんなことかな?
こんな風に考えられるかもね?
と、話をしているうちにいつしか彼らは目を輝かせていました。
一方、私はこんな俺でも役に立てられるんだ~と元気になっていました。

彼らは、遂に目覚めたのです。
大きな壁を乗り越え、一歩を踏み出せたようです。
会うたびに、彼らは、私にこうするんだ、こうしたんだ、新しい就職先が見つかった
など、こないだまで止まっていた人生が見事に動き出したのです。

私は、会って話を聞いただけです。
話をする場所も,機会もなかったのかもしれません。
そんな時、たまたま私と出会い話して、自分で人生を切り開きました。
お蔭で私も元気を頂きました。感謝です!!

今度は、あなたの番です。
あなたの 明るい未来を、人生を充実したものにしていきましょう。

当時と違うのが、今、私はネットビジネスにかかわっていることです。
1年余り独学で取り組んでいましたが全く稼げませんでした。
素晴らしい師匠に指導していただき、稼げるようになりました。

ネットビジネスを経験し、お金が稼げると人生に余裕が出てきます。
あなたのやりたいこともでき、そう、夢をかなえることができます。
そして、人生が充実したものになります。

あなたと一緒に、明るい未来を切り開き、
あなたの夢の実現に向けて一緒に頑張りませんか。

このブログでは、あなたが明るい一歩を踏み出し、
夢の実現に向けて、ネットビジネスで成果を上げられる情報を発信していきます。

あなたは私とすぐに話をしましょう。
些細なことからシリアスなことまで、なんでも話しましょう。
話しているうちに、あなた.は明るい未来に入り込んでしまいます。

そして、、夢の実現に向けて、ネットビジネスでお金を稼いでいきましょう。
私が、そのお手伝いをこのブログで行います。

あなたと、このブログでお会いできたのも ”必然必要” です。

ネットビジネスで稼ぐ正しいやり方を学んで行きましょう。