ーネットビジネスに謙虚さや素直さは必要か?ー

ビジネスの世界では、謙虚さが一番です。

成功した人たちを見ていても、やはり謙虚な方が多いです。

最近でこそ、トランプさんというアメリカ大統領が登場し、傲慢さを全面に出していますが。
謙虚すぎては、政治もビジネスも成功はできない。
これからの世の中は、昔と違うんだと。
トランプ節は、すべて攻撃的でとどまるところを知りません。

私は、彼の傲慢さは、マスコミ用なのか、一種のパフォーマンスにしか思えません。
あの傲慢さで、実際のビジネスをやってきたのでしょうか?
NO!!でしょう。
そうでなければ、1,500ものビジネスコネクションをもつスーパービジネスマンには
なれなかったのではないでしょうか。

トランプさんは、ビジネス現場では、謙虚で誠実で真摯な態度の人に違いありません。
あのパフォーマンスを政治の世界に落とし込み、一世を風靡したいのかもしれません。
歴史が、トランプさんはね~見事やってくれましたね~といってほしいのではないでしょうか。

日本では、昔から謙虚は美徳といわれてきました。
優秀な人ほど、謙虚でしたし謙虚になろうとしていました。
謙虚な人の所作は美しく言動はとても魅力的でした。
私だけでなく、みな憧れていました。

謙虚さは、ルカの福音14章11節 にでてきます。
ただ、これは神様に対しての対応で、人に対してではないとも言われます。
ともあれ、世界でもこんな昔から謙虚は大切だといわれていたのです。

それでも時代とともにに変化があったようにも思われます。

というのは、 最近、コーチングで有名な谷口貴彦さんが
” 謙虚になるな!!  ”
という衝撃的な本を出されています。
今だと、キンドルアンリミテッドで読み放題なので、あなたも読んでみてください。

セルフイメージが弱いと、自分を卑下したり、自信がないために、つい他人の目が気になり
逃げ気味の対応となってしまうというのです。
謙虚すぎると、それはほかの人からの攻撃を避けるがための、処世術と取られる、と。

” あなたは素晴らしいですね。そんなこともできるのですか~ ”
と、言われた人は
” いえいえ、飛んでもありません。何もできない未熟者です ”
と、謙遜して言うことがあります。

昔は、これでも通っていましたし、また、その方の実力を知っている人たちの前であれば
問題ないのですが。
初対面でこんな場面に出くわすと、この人自信がないのかしら、と受け取られるリスクもあります。

こんな時は
” ありがとうございます。そう言っていただいて光栄です ”
と、素直に喜びの表現をしてよいのです。

昔だと、これでは謙虚になってないと言われたのかもしれません。
ですが、よく考えてみれば素直に答えられ、言ってくださった方にも失礼でなく
素直に喜ぶのは、決して謙虚さを失ってはいません。

謙虚さに素直さが加わることで、妙な誤解も受けずに済みます。
あなたは、素直に回答した人であれば一緒にいたいと思いませんか。

” 謙虚になるな!! ”
本のタイトルに、正直驚きはしましたが、
謙虚さに素直さを加えさえすれば、
今まででいう真の謙虚さと本質的には同じなのではないでしょうか。

謙虚さと素直さで、あなたはネットビジネスに挑戦してください。
ネットビジネスで成功したい人は、早くメンターを見つけそのメンターの言うことを
謙虚な姿勢で素直に聞くことから始まります。

ただし、盲目的に信者になってはいけません。
信者になると、自分で考えられず言われるがままのことしかできなくなります。
それでは、成功などおぼつきません。

あなたがネットビジネスという列記としたビジネスで成功を収めようとするならば
謙虚と素直さは忘れずにいて欲しいのです。
これが将来あなたにとっての最強の武器となります。

謙虚な姿勢と素直に応じる態度になれれば、鬼に金棒です。

謙虚に素直さを備えたあなた、一緒にネットビジネスで成功しましょう!!

 

LINE@、始めました!!
いろいろと価値ある情報を配信します。
友達追加、お願いします!!
友だち追加